「国家の品格」藤原正彦著 読みました |

チェコの落書き。チェコ語:「花は心をもっている」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家の品格」藤原正彦著 読みました | 

和菓子の魅力を改めて思わされた一冊でした。


(あ、買わなくていいですよ!ご参考まで。)

日本という国がどんなに恵まれているか、
その国が他国の理論に迎合して、
その独自性を失いつつあるか。

本当の国際人とは、外国語がペラペラな人ではなく、
本当の日本人であることが必要なんだということが、
改めて考えさせられました。

自然の美しさや、そこから生まれる精神性、文化など、
日本のことをもっと勉強しなければ、
和菓子の深さもわからないんでしょうね~

読む人によっては、「右寄りだ」なんていう人もいますが、
藤原正彦氏の言いたいことはなにか、を考えて読めば、
僕ら自身が考え、やらなければならないことが見えてきて、
納得させられます。

一読しておくべき、オススメの一冊です。



和菓子で、季節挨拶を!

 
スポンサーサイト

コメント

ぶるうさん、こんばんは。

ご無沙汰してました。
これこぱんも読みました。
ブログのお友達の所でも紹介してて
その時のコメントにも書いたのですが
ちょっと右よりかな?とは思いましたけど読みやすい本ですね。日本の素晴らしいところや国際人として本当に必要なものには…のくだりは納得です。その素晴らしさに気がつかずに欧米化だけを追いかけてしまった日本ですが…
日本の伝統や文化や気質の良さを改めて思い起こすことが出来る一冊かなと思います☆

色んな本がありますね!
読んで見よう!
図書館にあればイイなぁ~

Blu-ray

Blu-rayを探すなら
http://www.b-19.com/101240/505034/

ビール・洋酒

ビール・洋酒を探すなら http://www.karin-mamy.com/510915/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushashugyo.blog85.fc2.com/tb.php/38-3b22b345

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。