絵本で和菓子、洋菓子も

チェコの落書き。チェコ語:「花は心をもっている」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本で和菓子、洋菓子も 

寒牡丹

絵本好きですか?

あまり詳しくはないけど、
いい絵本は見ていてあきません。

そして、しばらくすると、また見たくなります。
絵もストーリーも、一流の絵本は、
何度見ても飽きませんね!

童謡歌手の大庭照子さんをご存知ですか?
食えない童謡を捨てようとしたこともありましたが、
彼女は、童謡は人生を歌っていると気付いてから、
取組む気持ちが変わったそうです。

それからは、子供っぽく歌うのではなく、
一人の人間として、自分が歌いたいように歌うことで、
子供の反応が変わってきた、といいます。

絵本も人生を描いていると思います。
大切な心を、見事な絵と言葉で書き表しています。
絵は大人が見てもすばらしいものです。
言葉は・・・さすがに子供が理解できるように
やさしい表現になっていますが。

絵本でお菓子(和菓子でも洋菓子でも)を売ってみたいな、
と思うこのごろです。
お菓子とは関係なくても、すばらしいストーリーに、
すばらしい絵、そして言葉。
それに和菓子や洋菓子をちょっとずつ紹介していくような。
きっとお菓子に共通する、大切な心が通じることと思います。

あ、赤毛のアンにも、たくさんのお菓子が登場しますね。


写真は、「寒牡丹(かんぼたん)」です。
透き通るような惚れ惚れする色使いをお楽しみください。


和菓子で、季節挨拶を!

スポンサーサイト

コメント

こんばんは

ぶるうさん、こんばんは。

お菓子やお料理が出てくる本はとても楽しいですね。
素敵なアイディアだと思いました。
和菓子と聞いてすぐ思い浮かべたのは
「ばばばあちゃん」と「しばわんこ」でした☆
アンは、お茶会のシーンが良く出てくるので、
子どもごころにワクワクでした。
レモンパイ・木苺のタルト・レイヤーケーキにビスケットetc…

寒牡丹きれいですね。
和菓子はお花や季節からとった名前も多いので、
そんな絵本も良いな♪

絵本はいいですね♪

ウチはまだ子供が小さいので、寝るときによく絵本を読んであげます。絵本って大人でも本当に感動するし、人生勉強になりますよね♪・・・僕が最近購入して読んだのが、はまぐちとみこさんの『やさしさのたね』です。とってもいいお話でした^^HPはコチラです。

http://www.creatorsworld.net/hamaguchi/

『寒牡丹』っていうんですか?芸術ですね^^見ているだけでほんとに惚れ惚れしますね!でも見てるだけじゃなくて、食べてみたいですけど^^

私も赤毛のアン、大好き!

綺麗な色のお菓子ですね。
一つの芸術作品のようです。
ぶるうさんの価値観、素晴らしいです。童謡も、絵本も、相手が子供だからと言って、子供だましのような内容では、人の心は動かせませんから。
素敵な絵本とコラボしたお菓子…楽しみです。

きれい!

絶妙の色ですね~!やはり和菓子は美しい!ケーキを習っていたとき、お隣の和菓子教室が気になって仕方ありませんでした。通えなかった理由は、「お月謝がお高かった」からです…

絵本。いいですよね。和菓子は出てこないけれど、おいしそうな絵本というとすぐに思い浮かぶのは「ぐりとぐら」です。子供たちのために買った絵本が100冊以上ありますが、どの絵本もステキな味わいがあってとても処分できそうにありません…

食べてみたい!!!

わぁ~☆
キレイですねぇ!!!
見てるだけでも飽きないし、
宝石みたいですよね。
絵本大好きですよ♪
図書館行って、借りたりしますよ。
お菓子や料理の本もよくかります。
和菓子屋さんに行くと、ショーケースから体がはなれません。。。

コメントありがとうございます

最近なかなか皆さんのところにいけなくてすみません。クリスマスで死ぬほど忙しくって。
落ち着いたらじゃんじゃん遊びにいきます。
楽しいだけじゃなくて、皆さんの考え方が新鮮で、勉強になるんです。
あとでコメントさせていただきますね。

コメントありがとうございます

■こぱんさんへ■

ばばばあちゃん、ウチにもあります、
てか、ありました。
なんでも処分してしまう嫁さんが捨ててしまいました・・・
子供たちはずいぶん気に入ってましたけど。
クリスマスプレゼントは絵本にしようかな。
今はもう中学生だけど、いい本はいい!

■S・S・Sさんへ■

立ち読みしてみました(笑)
途中でおわってるじゃあ~りませんか・・・
ちゃんと買って読みなさい!ってことですかね。。。
本屋で立ち読みしよ。

■ぶんママさんへ■

これから絵本考えようと思います。
カタチになるかどうかは別として。
だいたい、自分にはストーリーなんて考えられませんから、
会社で話して、やろう、ということになったら、
制作してみたいな~

■piyomaruさんへ■

すごい!100冊ですか。
ぜひ、とっといてくださいね。
子供たちが大きくなってできた子供たちに、
お母さんが読んでた絵本だよ、って
よんであげたら、ステキじゃないですか!
いい絵本って、けっこう寿命ながいんですよね。

■すろぅらいふさんへ■

図書館よくいかれるんですか?
僕は調べ物はネットに頼りきりです。。。
やっぱり本はいいですね。
一冊一冊にカタチやデザインも含めて、
主張があります。
だから大切にしたくなります。
ページを折ったり、線ひいたりとか、僕にはできないんです。。。

住宅

住宅を探すなら http://www.gvshops.com/200163/111427/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushashugyo.blog85.fc2.com/tb.php/18-61327d21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。