チェコの落書き。チェコ語:「花は心をもっている」

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨明けと大暑 

九州南部、本日梅雨明け~!
平年より5日遅かったようですが、まあ台風もありましたし、
コレくらいは誤差の範囲ということで。

ただ、沖縄は2日早く、奄美は平年と同日のようでした。
こんなサイトがあるんです。

気象庁↓
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html

これから九州北部をはじめ、北のほうが梅雨明けしていくので、
どれくらいの差になっていくのか気にして見てみようと思います。

さて、今年の大暑は7月23日。
旧暦ですと、6月10日となります。

この日が旧暦の6月の終わりに近いほど、
初秋の残暑が長引くといわれています。

今年はそうでもなさそうなので、
すっきりと秋に切り替わると思われます。
 
スポンサーサイト

新月は物事の始まり 

今日は旧暦5月27日。今年の皐月(5月)は29日(7月13日)まで。

てことは、新暦7月14日(旧暦6月1日)は新月です。

物事を新しく始めるときは、新月の日がよいと言われたりします。
新月は、物事が生まれる日。
昔から、月のリズムはとても重視されてきました。

なにか始めようと思っている方、
これを機会に決意して、さっと準備を整え、
今度の新月の日からスタートしてみてはいかがでしょうか?
 

雨がひどいけど、、、梅雨明けはいかに? 

今年の梅雨は、雨の降り方が異常です・・・

やんだと思ったら、バケツをひっくり返したような土砂降りが!
その繰り返し。

熊本は全国的にも雨が多いと、ニュースでやってますよね~
市内は無事なんですが、山間部などは被害も出ているようです。

今年の梅雨は遅れるという旧暦からの読みは、
一応あたりましたが、ここまで雨がひどいとは(ぎゃぁ!)

ただ、梅雨明けは、入りが遅れたからずれ込む、ということはなさそうです。
普通どおりに夏が来て、残暑も少なく、さわやかな秋が訪れるらしい。。。

昨年7月のうるう年のズレに、ここで新暦がほぼおいつくわけですね。
 

梅雨入りのこと 

 
今年は梅雨入りが遅れる、ということで、
異常気象を心配する声も聞こえてきました。

しかし、旧暦を読む人たちは、今年は梅雨が遅くなるということは、
去年、いやもっと前からわかっていたことです。

だいたい、6月11日頃だろう、という予測が、
すでに今年の旧暦カレンダーには記載してあります。
このカレンダーの完成は、去年の10月ころです。(オドロキ)

九州では12日、13日ころ梅雨入り宣言がありました。
旧暦カレンダーからはちょこっと遅れましたが、
それでも1日、2日の違いです。
 

和菓子ではありませんが・・・「衣更え」のこと 

こよみの上では、5月17日から「夏」になります。
つまり旧暦4月1日。この日は、「衣更え」。

昨年の閏月で例年より季節の歩みがおそく、
つい昨日、おとといまでは、まだまだ朝晩冷え込みました。

今日はもう、朝から暖かかったですが。。。

「衣更え」以降は、冬物をしまいこんでも、
もう寒い思いをしなくてすむ、といわれます。

はたしてどうか。。。

楽しみですね。

和菓子・花菖蒲 | 

和菓子・花菖蒲です。

菖蒲といえば、端午の節句ですね。

花菖蒲800


5月5日は端午の節句。
旧暦の5月5日は、今年は6月19日となります。

端午の節句は梅雨どきの行事でした。
梅雨に入るころ、大事な男の子の無事な成長を祈る行司です。
昔は衛生状態が悪かったですから、梅雨に流行る疫病は、人々の脅威でした。

のぼりが鯉になったのも、露の雨を滝に見立てて、力強く昇っていく様を、
男の子の成長の姿に写して祈るためだといわれています。
青空に泳ぐこいのぼりは、新暦になってからのイメージなんですね。
でもまあ、それはそれで、絵になってる気はします。。。

ということで、今年の梅雨入りは、6月19日が目安です。
(ホントかいな~・・・また楽しみができました)

例年より遅めかな、という感じかもしれませんが、
昨年が閏月があったから、その分ずれ込んでいるようです。



あ、ついでに今日は八十八夜でした。


季節に挨拶!和菓子な日記 トップへ

和菓子・牡丹 | 

和菓子・牡丹です。

昨日は、七十二候「牡丹花咲く」。

牡丹


今日から5月!

今年の5月1日は、梅若忌(うめわかき)です。
旧暦の3月15日。
梅若伝説というのが有名ですが、あらすじはざっとこんなところです↓

(梅若伝説)
もう千年も昔の物語、京都の少年・梅若丸が人買いにさらわれ、長旅の末、
病気になって動けなくなり、12歳で隅田川に投げ捨てられて死んでしまう。
我が子を探してさまよい、その1年後にたどりついた母・花御前も、
悲しみのあまり隅田川に身を投げてしまう・・・

それから昨日は「刃傷松の廊下」。
そう、浅野内匠頭長矩が、吉良上野介義央に切りつけた日です。
旧暦3月14日。

豆知識程度に・・・

季節に挨拶!和菓子な日記 トップへ

和菓子・岩根つつじ | 

和菓子・岩根つつじです。

岩間に咲くつつじを模した和菓子です。

和菓子・岩根つつじ


今日は二十四節気の「穀雨」です。
七十二候では「葭はじめて生ず」となっています。

伸び始めた作物に、春の雨が降り注ぎ、成長を促す、という季節です。

そういえば今週は、2~3日おきに雨模様でした。
気になって天気予報を見てみると、
明後日の日曜日から4~5日は雨空のようです。

こりゃまた、統一地方選の投票率が下がるかな。。。
マスコミがあおっているわりには、有権者はもりあがりませんね~


 
季節に挨拶!和菓子な日記 トップへ 

明日、旧暦の2月が終わります | 

旧暦では、今日は2月28日。
明日の29日で2月が終わります。

ということは・・・
ここ一ヶ月間は、旧暦では2月だったってことですね。

昔の人の感覚では、サクラが咲き、そして散る、
このあたたかくなる頃が二月だったんですね!

なんかちょっとびっくりです。

今の新暦では、2月といえば、確かに春の足音が聞こえる時季ですが、
晩冬のダメ押しの寒さに見舞われる、そんな感覚ですよね。


 
和菓子で、季節挨拶を!
 

旧暦で風景を眺めると | 

4月5日は、清明(二十四節気)であるとともに72候の「燕来る」、そして昨日4月10日は72候の「雁水へ帰る」(北国からの鳥達が北へ帰る)。

こんなことを毎日、旧暦カレンダーを見ながら、風景を眺めてます。

このまえは、燕を見ました。

あたりまえだろ~!と怒られそうですが、、、
でもですね、けっこう感動なのですよ。

なんで感動するのか、自分でもよくわかりませんが・・・

旧暦を見始めるまでは、
季節の変化そのものに無頓着だったんですね。

暦のとおりに季節が巡ると聞けば、
確かめてやろうという気になるもので。。。

楽しいものですよ。

興味があったらどうぞ↓

旧暦カレンダー


 
和菓子で、季節挨拶を!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。